マーケット

世界のファーマーズ・マーケット

食育の活動に興味のある人にとって、海外旅行はチャンスです。その国や地域の食育の状況をリアルに視察することができるからです。

そこで、そのために何を視察するかということですが、最もおすすめなことは、現地のファーマーズ・マーケットを歩いて回ることです。最高の情報収集の手段となります。もっとも、マーケットを見て回ることは、楽しいことですからね。

というわけで、世界各地のファーマーズ・マーケットをご紹介します。

 

世界のファーマーズ・マーケット

世界各地の国際的に有名なファーマーズ・マーケットをご紹介します。

 

マラケシュ(モロッコ)のメディナ市場

ユネスコ世界遺産に登録されている地域にある、ファーマーズ・マーケットです。

 

バルセロナ(スペイン)のラ・ブカリーア市場

スペインがイスラム教国だった13世紀からありました。

 

ニューヨーク(アメリカ)のユニオン・スクエア市場

ニューヨークのこの地域はかつては犯罪多発地域でしたが、このファーマーズ・マーケットができてからは、治安が大幅に改善しました。

 

バンコク(タイ)のオートーコー市場

見たこともないトロピカルな食材に出会えるマーケット。

 

トロント(カナダ)のセント・ローレンス市場

1803年設立。トロントのロカボア(地産地消にこだわる人々)が集まる市場です。

 

ベレン(ブラジル)のベル・オ・ペーソ市場

アマゾンからのエキゾチックな食材に出会えます。

 

ロンドン(イギリス)のバラー市場

1755年設立の市場ですが、実際には13世紀からあったとも言われています。自家製のチーズが数多く並んでいます。

 

ランカスター(アメリカ)のランカスター・セントラル市場

アーミッシュ文化の中心地にある、270年の歴史を誇る市場です。

 

シンガポールのクレタ・エヤ・ウェット市場

チャイナタウンの中にあり、「小汚いところが魅力」という不思議なマーケット。

 

アンティーブ(フランス)のプロバンス市場

午後には地元のアーティストが作品を売りにやってきます。

 

香港(中国)の九龍市場

アジアの食はここにあり、とでもいいたげなほどの、賑わい市場です。

 

ヘルシンキ(フィンランド)のカウッパトリ市場

トナカイやカモシカ肉のサラミ、チョコレート、シャケ、ニシンなど、北欧ならではの食材がいっぱいの市場です。

 

メルボルン(オーストラリア)のクイーン・ビクトリア市場

南半球最大のファーマーズ・マーケットの1つ。日本のスズキ自動車がスポンサーとなっている

「スズキ・ナイト・マーケット」と呼ばれる夏のイベントが有名。

 

まだまだ他にも魅力的なファーマーズ・マーケットがあるのですが、キリがないのでこの辺で。

 

 

食育総研

吉村司 吉岡岳彦

 

無料PDF|コミュニケーションガイド~生産者と仲良くなるために最初に読む本~

農業に興味のある方、食育の事業化に興味のある方、海外の食育・食農情報に興味のある方に生産者と仲良くなるための方法を解説していきます。

「知っておくと農家との会話がテンポよく弾む」

そんな知識や話題を、ガイドブックの形にまとめてあります。

農家との交流の際に活用してください。

サンプル

期間限定:無料

吉岡岳彦

投稿者の記事一覧

『食農の知りたい!』では、食育・農業の知識、農業法人の設立から食の最新情報まで勘所を押さえた情報を発信しています。

関連記事

  1. ホールフーズマーケットinピカデリーサーカス(ロンドン)
  2. 一度は行きたい!ハワイアラモアナのフードランドファームズ
  3. ホールフーズマーケットinカムデンタウン(ロンドン)
  4. ホールフーズマーケットハワイへの行き方 カハラ編
  5. ホールフーズマーケットハワイへの行き方 カイルア編
  6. ダウントゥアースへの行き方 ハワイ・ホノルル店編
  7. ホールフーズマーケットで喜ばれる厳選おみやげ

最近の投稿

PAGE TOP