農業

これから求められる農業とは

日本の農業を取り巻く問題は、たくさんあります。農業を行うには、あまり良い環境が備わっているとは言えないかもしれません。

ここでは、そういった農業の抱える問題の中から、代表的なものを紹介していきます。日本の農業が抱える問題を改めて認識することで、将来的な打開策が見えてくるかもしれません。

それを踏まえて、これから求められる農業について考えていきたいと思います。

1. 現在の日本の農業を取り巻く問題

現在日本では、TPPによる農作物の輸入自由化の問題があります。それによる農協の改革、つまりは、農業の改革、および自由化が議論されています。

また、多くの農村では少子高齢化が懸念されています。それによる耕作放棄地が発生するなどの問題が生まれています。

1-1. 参入障壁が高い

1-2. 農業従事者がいない

1-3. 食料自給率が低い

1-4. TPPが与える影響が大きい

 

2. 疲弊する農村とグローバル化

様々な農業にまつわる問題がありますが、それらを一言でまとめるとすると、「疲弊する農村とグローバル化」が適当だと思います。

今、農家は疲弊しています。長年続いたデフレ経済で、単価の安い農作物ばかりを消費者は求めます。海外産の安い農作物が市場に溢れています。国内の農業は厳しい状況です。

 

2-1. アメリカの大規模農業

例えば、アメリカの農業を見てみると、日本の農業との違いを感じます。

アメリカの農業は、大規模農園を大きな設備で行っています。そして、少人数で人件費をかけない経営をしています。

従来型の日本の農業と比較すると、コストのかからない海外産の方が、どうしても安く流通するわけです。

 

3. 農業も合理化していく

産業にかかわらず、旧態依然として農業を変えていかなければなりません。

 

3-1. 補助金に頼らない体質に

例えば、補助金に頼る従来型の農家のあり方から脱出することが一つです。

TPPの影響によって、農作物のグローバル化が広がっています。つまりは、安い農作物がスーパーや八百屋に並び、価格競争の波にされされています。

そのため、日本の農業も世界にならって合理化されていく必要があります。

 

3-2. ブランド農業を

日本でも企業などが農業に参入し、大規模な農業を展開する必要があります。しかしながら、現状では様々な規制によって、なかなか自由がきかない実情があります。

とはいえ、日本の農業は、高い安全基準があります。バリエーションの豊富さ、味の良さがあります。

デフレ経済下では、安い物に目がいきがちですが、日本の農作物の評価が正当に受けられるような「ブランド」を築かなければ、今後ますます苦しくなるでしょう。

個人農家では、なかなか大規模農業はできないでしょうが、それでもブランド農作物を作ることは可能です。

そして、企業の参入による合理化された安全で高品質な農業を展開することは可能です。

 

3-3. 農家もマーケティングを学ぶ必要がある

TPP対策として、外国産の農作物に対抗するブランディング戦略を立てる必要があります。

また、ブランド化した農作物を、逆にTPPを利用して、海外に輸出することも可能です。世界中で食の安全が求められています。日本が得意とする安心・安全・高品質の農作物を輸出して、喜んでもらうことです。

 

4. まとめ

日本における農業の合理化は重要な課題です。

国産のお米や野菜は、中国の富裕層などにとても人気があります。

農作物をブランド化することは、日本の農業戦略として、とても重要なことと言えます。

 

食育総研

吉村司 吉岡岳彦

 

無料PDF|コミュニケーションガイド~生産者と仲良くなるために最初に読む本~

農業に興味のある方、食育の事業化に興味のある方、海外の食育・食農情報に興味のある方に生産者と仲良くなるための方法を解説していきます。

「知っておくと農家との会話がテンポよく弾む」

そんな知識や話題を、ガイドブックの形にまとめてあります。

農家との交流の際に活用してください。

サンプル

期間限定:無料

吉岡岳彦

投稿者の記事一覧

『食農の知りたい!』では、食育・農業の知識、農業法人の設立から食の最新情報まで勘所を押さえた情報を発信しています。

関連記事

  1. 農事組合法人で農業法人を設立する際の定款のひな形
  2. 農業法人を設立するための要件(農地所有適格法人)
  3. 「オーガニック」と「ナチュラル」「無農薬野菜」「有機栽培」の違い…
  4. 食べるのに人気な野菜とは?農家が作るのに人気の野菜とは?
  5. ファーマーズ・ビジネス・ネットワーク(Farmers Busin…
  6. 2018年 最新「食の展示会」「フード・エキスポ」情報の一覧とす…
  7. 「スマート農業」時代のドローン活用方法<入門編>
  8. 有機肥料と化学肥料の種類・違い・特徴について

最近の投稿

PAGE TOP