食育

エコ・ロハス型の食育活動とは

近年スローライフが求められるようになり、同時にエコ・ロハス意識が高まっています。

ここでは、エコ・ロハス型の食育活動について紹介します。

 

1. エコ・ロハス型の食育活動とは

エコ・ロハス型の食育活動とは、ヘルスケア業界と同様に、これから大きく発展するテーマと考えられている領域です。これまでにも、様々な新規の活動が生まれています。

 

2. エコ・ロハス型の食育活動例

エコ・ロハス型の食育活動の一例を挙げます。おそらくそれだけではないでしょう。今後も新しい活動が誕生してするでしょう。

このテーマで食育活動をする場合には、頭を柔らかくして、しっかり情報収集をしながら進めていくとよいです。

・ 地産地消やオーガニックを普及させる活動

・ 食品残渣(食べ残し)を減らす活動

・ 屋上菜園(市民農園、垂直農業)を普及させる活動

・ 輸入食品のフェアトレード(適正価格での貿易)に関するもの

 

3. エコ・ロハス型の食育活動の情報収集

エコ・ロハス型の食育活動では、情報収集が大切です。

3-1. 同じテーマの活動をしていないか調べるために

自分で新規の活動を発案したつもりでも、すでに誰かが同じ活動を始めているかもしれません。同じテーマの活動をしていないか、そのために情報収集をします。

3-2. 新しいヒントを得るために

世の中にどんなエコ・ロハス型の食育活動があるのかの情報を取ろうとする行動の先に、

新しいヒントを得ることができます。常にアンテナを立てておきましょう。

 

4. エコ・ロハス型の食育活動の情報収集方法

情報収集方法は、以下の通りです。

4-1. エコをテーマにした雑誌を読む

『ソトコト』のようなエコをテーマにした雑誌を読むことです。最新号だけでなく、過去のバックナンバーにも目を通しましょう。なかでも海外ビジネスの情報をよく読むとよいでしょう。

4-2. エコ・ロハス、オーガニックなどの先進地域に注目する

カリフォルニア州やコロラド州での出来事に注目するようにしましょう。これらの州は、エコ・ロハス、オーガニックなどの先進地域とされています。

 

5. まとめ

『ソトコト』に紹介されている海外の食育活動やカリフォルニア州・コロラド州で誕生している新規の食育活動は、まだ日本で誕生していないものがほとんどです。

したがって、「これは!」という食育活動を見つけたら、 「似たような活動を日本でやれないか」と、考えてみてください。

このような新しい活動は、希少性がありメディア価値が高く、取材の対象にもなりやすいものです。うまくいけば、瞬く間に知名度が上がります。

 

食育総研

吉村司 吉岡岳彦

 

無料PDF|コミュニケーションガイド~生産者と仲良くなるために最初に読む本~

農業に興味のある方、食育の事業化に興味のある方、海外の食育・食農情報に興味のある方に生産者と仲良くなるための方法を解説していきます。

「知っておくと農家との会話がテンポよく弾む」

そんな知識や話題を、ガイドブックの形にまとめてあります。

農家との交流の際に活用してください。

サンプル

期間限定:無料

吉岡岳彦

投稿者の記事一覧

『食農の知りたい!』では、食育・農業の知識、農業法人の設立から食の最新情報まで勘所を押さえた情報を発信しています。

関連記事

  1. 農業活性化型の食育活動とは
  2. ビーガンって何?18種類のベジタリアンを全部言える?
  3. 世界の食育事業の事例を紹介
  4. 古びたポンコツ食品店が、お洒落なグルメ食品店に勝つ方法
  5. 食育のしごとに興味をもったら、最初に考える重要なこと
  6. 頭が良くなる食、「ブレインフード」。そのすべてを解説!
  7. お肉の本をベジタリアン(ビーガン)が買う
  8. 2018年 最新「食の展示会」「フード・エキスポ」情報の一覧とす…

最近の投稿

PAGE TOP