食育

健康増進型・栄養学型の食育活動とは

健康増進型・栄養学型の食育活動とは、

「何を食べたら、健康でいられるのか?」

「健康な食生活を継続するには、どんな工夫をしたらよいのか?」

「綺麗でいるためには、どんな食生活が最適なのか?」

「スポーツに役立つ食生活とはどんなものか?」

などのような疑問に答えていくことを軸とした活動になります。

 

1. 健康増進型・栄養学型の食育活動4つのパターン

健康増進型・栄養学型の食育活動には4つのパターンがあります。

1-1. 食事のカウンセリング

食事のカウンセリングとは、あなた自身が食生活の専門家となって、個人のお客さんに食生活のアドバイスをする活動です。

代表例としては、食事のカウンセラーなどです。

1-2. 食と健康のライター

食と健康のライターとは、あなた自身が食生活の専門家となって、企業のサポートをする活動です。

代表例とては、企業が出している会員情報誌に、食や健康の記事を連載するライターとして活躍するなどです。

1-3. 食の専門家サポート

食の専門家サポートとは、個人向けに食のアドバイスをしている食生活の専門家をあなたがサポートする活動です。

代表例としては、独立してカウンセリングをしている管理栄養士と契約(ジョイントベンチャー)して、集客獲得のためのマーケティングをサポートするなどです。

1-4. 食の専門家と企業をつなぐ

食の専門家と企業をつなぐとは、食生活の専門家と食の情報を求めている企業をつなぐ役割をあなたが果たす活動です。

代表例としては、企業が出している会員情報誌の企画編集をあなたが請け負って、その内容にふさわしい専門家に記事を書いてもらうなどです。

 

2. 健康増進型・栄養学型の食育活動4つのパターンの選び方

健康増進型・栄養学型の食育活動4つのパターンの選び方は、あなた自身が栄養学やその他の食事理論の素養をすでに蓄積しているか否かで、選択の判断をすればいいでしょう。

2-1. 栄養学や食事理論の素養がすでにある場合

栄養学やその他の食事理論の素養をすでに蓄積しているおり、専門家になっているのであれば、「食事のカウンセリング」や「食と健康のライーター」のパターンをおすすめします。

2-2. 栄養学や食事理論の素養がまだない場合

栄養学やその他の食事理論の素養がまだ蓄積できていないならば、それらの勉強にこれから時間を費やすよりも、すでに専門家になっている人とジョイントベンチャー(コラボレーション)することをおすすめします。すなわち、「食の専門家サポート」や「食の専門家と企業をつなぐ役割」になります。

どうやって上手に協業したらいいのか、どうやって企業と交渉したらいいのか、などを考えるために貴重な時間を使うようにしましょう。

 

3. まとめ

健康増進型・栄養学型の食育活動とは、主に、健康でいるための食事の方法などを個人や企業に伝えていく活動になります。

自分自身で伝えていく、専門家を紹介するなど、健康でいるための食生活の疑問に答えていくという軸で活動していく分野になります。

 

食育総研

吉村司 吉岡岳彦

 

無料PDF|コミュニケーションガイド~生産者と仲良くなるために最初に読む本~

農業に興味のある方、食育の事業化に興味のある方、海外の食育・食農情報に興味のある方に生産者と仲良くなるための方法を解説していきます。

「知っておくと農家との会話がテンポよく弾む」

そんな知識や話題を、ガイドブックの形にまとめてあります。

農家との交流の際に活用してください。

サンプル

期間限定:無料

吉岡岳彦

投稿者の記事一覧

『食農の知りたい!』では、食育・農業の知識、農業法人の設立から食の最新情報まで勘所を押さえた情報を発信しています。

関連記事

  1. お肉の本をベジタリアン(ビーガン)が買う
  2. ビーガンって何?18種類のベジタリアンを全部言える?
  3. 食育のコンサルタントになる方法
  4. オーガニック野菜でよく見る『有機JAS規格』とは何か?詳しく解説…
  5. 古びたポンコツ食品店が、お洒落なグルメ食品店に勝つ方法
  6. 食のトレンドに詳しくなれるイベントはコレ
  7. 食育をする人が機能性野菜について知っておくべきこと
  8. 世界の食育事業の事例を紹介

最近の投稿

PAGE TOP