農業

「農業したい!」農業を始めるにあたって準備しておきたいこと

食への関心が高まり、農業に興味を持つ人が増えています。

自然の中での田舎暮らしに憧れ、農業を営むことを目指す人が増えています。

ここでは、就農をしたい方向けに、農業の始め方を紹介します。

 

1. 農業を始めるにあたっての心構え

農業は、他の産業には見られない素敵な魅力が溢れる職業です。

自然を相手に生産活動を行う職業になります。

一方では、誰もが簡単に始められる職業ではありません。

そして、誰もが必ずうまくいくというものではありません。

自然が相手となるため、収穫、つまり収入が安定するものではなく、また賃金のように毎月定期的に収入になるものでもありません。

農村では、地域の慣習の違いに戸惑うこともあるでしょう。

農業に興味をもつことは素敵なことですが、農業を始めようと思った理由が、サラリーマンが嫌になったから、都会での生活から逃れるように農業をしてみたいという心構えでは、農業の大変な部分に直面した際に、同じように心が折れてしまいかねません。

大変な部分もしっかり鑑みる必要があります。

 

2. そもそも農業は大変なことと認識する

自ら農業を始めようと考えている方は、以下のポイントをふまえた上で検討してください。

2-1. 今日の農業事情を知っておく

今日の農業情勢は、輸入農産物との価格差に、厳しい競争にさらされています。

高品質で安全な農産物の生産が求められています。また、さまざまなコストを下げる努力も強いられます。

2-2. 経営感覚を身につける

「自然が好き」という気持ちがあることは農業にとって大事なことですが、だからと言って、経営の勉強なしでは、農業経営は成り立ちません。

農業をするには、農地取得や大型機器などの資金調達ができなくてはいけません。

農業機械を扱う資格を取得し、技術を身につけなくてはなりません。

農産物の販売のための流通についての知識、簿記などの経営管理も求められます。

農業を始めるにあたっては、多種多様な知識と能力が必要になります。

2-3. 農家同士の連携が求められる

農家は、家族を単位とした家族経営になります。

農業法人は、会社を単位として法人経営になります。

いずれにせよ、地域での農家や農業法人との連携も農業経営の大切な要素です。

2-4. 時間管理が大切

サラリーマンのように時間に縛られた生活から抜け出したく農業を始めたいと思う人があるかもしれません。農業は自分で自由に時間が使えるように思うかもしれません。

ところが、時間管理をせずに、そのタイミングを逃してしまうと収入を一切得られない、という取り返しのつかない事態を招くこともあります。

特に、収穫時期などは、生活時間が拘束されることもあります。

2-5. 家族の同意を得ておく

そもそも農業を始めることに対しては、家族の同意は得ていますか?

配偶者や両親の同意を得ておくことは、とても重要なことです。農業は夫婦や家族で協力することが非常に多いからです。家族の支えが、とても大きくなるからです。

また、各種金融機関から融資を受ける場合には、家族に保証人になってもらわなければなりません。

経営の失敗は、家族に借金を背負わすことになりますので、必ず同意は得てから始めましょう。

 

3. ビジョンを描く

自分がどのような農業を始めるか、はっきりビジョンを描いておきましょう。

ビジョンとは、「理想の状態」のことを指します。

明確な目標を持つことで、具体的な行動計画が決まります。

より精緻なビジョンを描くために、さまざまな情報を得ることが必要となります。

3-1. 就農地

「どこで農業を始めるか?」を考えておきましょう。

北海道のような寒冷地なのか、九州のような温暖な地なのかによって、準備することが変わってきます。気候の特徴なども勉強しておきましょう。

3-2. 作型

「どのような方法で農業を始めるか?」を考えておきましょう。

畑なのか、果樹園なのか、ビニルハウスなのかによって、準備することが異なります。

3-2. 農作物

「どのような農作物を栽培するか?」を考えておきましょう。

農作物は作型と一緒に考えることになりますが、栽培したい作物によって、準備することが違ってきます。

路地野菜なのか、施設野菜なのか、予め決めておくことが必要です。

 

4. 準備期間と準備金

農業は、サラリーマンのように始めたら安定的に収入があるわけではありません。

投資なく始められるものでもありません。

農作物を栽培し、販売して、はじめて収入が得られるビジネスになります。

新たに農業を始める場合には、最低1年分の実地経験を積んで、知識や技術を習得する必要があります。

農作物によって、栽培方法が異なります。栽培期間も異なります。

播種から収穫まで、一連の時間管理や作業の実践をすることをお薦めします。

そして、準備金としては、実践研修と併せて、2年分の生活ができるだけの貯蓄は、最低限必要と考えてください。

また、農業を始めて数年は、自分が思い描く理想の収入が得られるとは限らない、ということも考えておいてください。

夢の実現のためには、当面の生活が楽ではない可能性があることも覚悟しておく必要があります。

 

5. まとめ

漠然と農業を始めたいということだけでは、具体的な行動計画が立てられません。

農業に関する情報や知織が少なければ、各種関係機関に問い合わせたり、実際の農家を訪ねて話を聞いたりすることが大切です。情報は取りすぎということはありません。

ここでは、農業を始めるにあたって、いろいろ大変なことがあるというポイントを紹介しましたが、自分のやりたい農業を見つけて、ぜひ素敵な人生を送ってください。

 

食育総研

吉村司 吉岡岳彦

 

無料PDF|コミュニケーションガイド~生産者と仲良くなるために最初に読む本~

農業に興味のある方、食育の事業化に興味のある方、海外の食育・食農情報に興味のある方に生産者と仲良くなるための方法を解説していきます。

「知っておくと農家との会話がテンポよく弾む」

そんな知識や話題を、ガイドブックの形にまとめてあります。

農家との交流の際に活用してください。

サンプル

期間限定:無料

吉岡岳彦

投稿者の記事一覧

『食農の知りたい!』では、食育・農業の知識、農業法人の設立から食の最新情報まで勘所を押さえた情報を発信しています。

関連記事

  1. 農家の事業継承で後継者が成功するために準備すること
  2. 農業法人を設立するための要件(農地所有適格法人)
  3. 「スマート農業」時代のドローン活用方法<入門編>
  4. 農作物の新しい分類方法と種類のすべて
  5. 有機肥料と化学肥料の種類・違い・特徴について
  6. ファーマーズ・ビジネス・ネットワーク(Farmers Busin…
  7. これから求められる農業とは
  8. これからの農業にクラウドファンディングが必要になる理由

最近の投稿

PAGE TOP