コラム

「オーガニック」と「ナチュラル」「無農薬野菜」「有機栽培」の違いは?

スーパーマーケットに行って、野菜やフルーツ、最近ではお肉を選ぶときに、「オーガニック」や「有機」などの言葉を見ることがあるでしょう。「オーガニック」や「有機」などの言葉がポップで訴求され、私たち生活者はなんとなくそのメッセージに影響されて買うことがあります。

「身体に良さそう」「美味しそう」「少し高そう」など、様々な印象を持つわけです。

ところが、そういうイメージがあっても、実際その言葉が持つ意味について正確に知っているという人は、実は少ないようです。

ここでは、「オーガニック」「ナチュラル」「無農薬野菜」「有機栽培」など、よく目にしたり、耳にしたりする農業や食に関連するそれぞれの言葉の意味を正確に探っていきたいと思います。

1. オーガニックとは?

実は、「オーガニック」と「有機栽培」は、元々は同じ意味の言葉でした。
「オーガニック=有機」です。

農薬や化学肥料に頼らずに、太陽や水、土地、微生物など、そこに育む自然の恵みを生かした農林水産業や加工方法を指します。

1-1. オーガニックは、4つ

現在日本では、国がオーガニック基準を定めているのは、「有機農産物」「有機加工食品」「有機畜産物」「有機飼料」の4種類です。これ以外はオーガニックではありません。

この国が定めているオーガニック基準のことを『有機JAS規格』と言います。

1-2. 有機JAS規格

『有機JAS規格』は、栽培方法、使える肥料、製造方法、使える食品添加物などを示した公的基準になります。

1-3. 水産物のオーガニック

日本では、水産物にはオーガニック基準を定めていません。

表示責任者によって、「有機」「オーガニック」の根拠をもって表示しています。

1-4. コスメのオーガニック

日本では、コスメティクやコットンの繊維などには、オーガニック基準を定めていません。

水産物と同様に、表示責任者によって、「有機」「オーガニック」の根拠をもって表示しています。

2. ナチュラルとは?

オーガニック(有機栽培)には、『有機JAS基準』という認証があります。

しかし、ナチュラルにはそういった定められた基準はありません。

一般的に、農薬や合成添加物を使っていないものをナチュラルフード(自然食品)と呼ぶことが多いですが、それを証明するものはありません。

ナチュラルを謳っていても、オーガニック認証を取らないということは、なかには有機栽培でない“自称ナチュラル”も存在していると言われています。

3. 無農薬野菜とは?

実は、現在は「無農薬栽培」という表示はありません。

3-1. 無農薬野菜はない

現在では、「無農薬栽培」という表示をすることは法律で禁止されています。

かつて、「化学農薬」や「化学肥料」を用いることで安定した栽培ができるため、多量の農薬が使用された時代がありました。その際に、人体や環境への悪影響が指摘され、またそれは消費者のニーズと相まって、「無農薬栽培」と謳った作物がもてはやされました。

ところが、そういった農作物を調べてみると、残留農薬が検出されたり、近隣の田畑で使用された農薬が検出されたりしました。

また、農薬を使用したにもかかわらず、虚偽の表示が見られるケースが後を絶たなかったため、農林水産省が「無農薬」「減農薬」といった表示を禁止しました。

4. 有機栽培とは?

前述した通り、有機栽培はオーガニックと同じ意味で使われています。

5. オーガニックは安全か?

オーガニックや無農薬栽培は、「化学物質の不検出」を保証するものではありません。そもそも、危害リスクが皆無の食品というものは存在しません。

あくまでも、オーガニックとそうでない一般食品の化学危害リスクを比較した場合に、オーガニックのほうが安心できる、ということです。オーガニックは「リスク・ゼロ」と考えるのは、過剰な期待です。

5-1. オーガニックのデメリット

実際、農薬を一切使用せずに作物を育てた場合には、害虫の防除や病原菌への対策ができません。

野菜によっては、害虫に食害されることで毒性を持つものもあります。無農薬栽培には大きなデメリットもあります。

6. まとめ

野菜や果物などを選ぶとき、「オーガニック」や「有機栽培」などを意識することがあるかもしれません。身体に良さそう、美味しそう、安全そうなどの良いイメージがあるかもしれません。

「オーガニック」と「有機栽培」は同じ意味です。

「オーガニック」には国が定めた認証基準があります。
「ナチュラル」には認証はありません。

「無農薬栽培」は、現在表示をしてはいけない言葉です。

最近は、オーガニックという言葉は、食べ物だけでなく、住居や音楽などのライフスタイルにも使われています。これは健康や環境への配慮が食べ物だけにとどまらず、自然派ライフスタイル志向の潮流が広がってきているからでしょう。

 

食育総研

吉村司 吉岡岳彦

 

無料PDF|コミュニケーションガイド~生産者と仲良くなるために最初に読む本~

農業に興味のある方、食育の事業化に興味のある方、海外の食育・食農情報に興味のある方に生産者と仲良くなるための方法を解説していきます。

「知っておくと農家との会話がテンポよく弾む」

そんな知識や話題を、ガイドブックの形にまとめてあります。

農家との交流の際に活用してください。

サンプル

期間限定:無料

吉岡岳彦

投稿者の記事一覧

『食農の知りたい!』では、食育・農業の知識、農業法人の設立から食の最新情報まで勘所を押さえた情報を発信しています。

関連記事

  1. ビーガンって何?18種類のベジタリアンを全部言える?
  2. 世界の食育事業の事例を紹介
  3. 株式会社で農業法人を設立するまでの流れと定款
  4. 食べ物に点数をつけると、どんなよいことがあるのか?
  5. 食育のコンサルタントになる方法
  6. 農業法人を設立するための要件(農地所有適格法人)
  7. 食の安心・安全型の食育活動とは
  8. 農事組合法人で農業法人を設立する際の定款のひな形

最近の投稿

PAGE TOP