コラム

じゃがいもは 野菜?穀物?それとも?

誰もが知っているじゃがいも。でも、じゃがいもが「野菜」か「穀物」か、正確に分類するとなると、ちゃんと答えられる人が少なくなります。

じゃがいもを野菜と思っている人には、じゃがいもが野菜と思う根拠があるようです。同様に、じゃがいもを穀類と思っている人には、じゃがいもが穀類と思う根拠があるようです。

でも、実はそのどちらも誤りで、じゃがいもは正確には、野菜でも、穀物でもありません。その他のものです。ここでは、じゃがいもはどのように分類されるのか、現在の正しい分類を確認していきたいと思います。

 

1. じゃがいもとは

まずは、そもそも「じゃがいも」とは何かを考えてみましょう。

(以後、じゃがいもは「ジャガイモ」とカタカナ表記します)

1-1. ジャガイモはナス科

ジャガイモは、ナス科の多年草になります。ジャガイモとナスが結びつかないかもしれませんが、ナス科の多年草の仲間になります。

1-2. 南米が原産

ジャガイモは、南アメリカのアンデス地方の高地が原産といわれています。

トウモロコシとともに、インカ帝国の主要な食糧であったようです。

1-3. 大航海時代に世界に広がる

ジャガイモは、コロンブスなどの大航海時代以降、スペイン人によってヨーロッパに紹介された経緯があります。

現在では、世界各地で栽培されている大切な食物になります。

1-4. 高さは70cmくらい

茎は高さは70cmぐらいです。緑色で軟らかく特有の匂いがあります。

1-5. 地下茎をのばす

地中に多数の地下茎を伸ばして、その先が徐々に肥大して、芋(塊茎)となります。

1-6. 日本には16世紀に伝わる

日本に伝わったのは 16世紀の終り頃。

オランダ船が、ジャワ島のジャガタラ(ジャカルタ)からもたらしたため、ジャガタライモ、それがジャガイモとなりました。

ジャガイモの主な産地は、北海道です。代表的な品種は、「男爵」や「メイクイーン」になります。

 

2. ジャガイモは「いも類」

ジャガイモは、ナス科で多年草です。ジャガイモは、一応、野菜の一種になります。

2-1. 農作物の分類では、野菜

日本の農作物の分類においても、野菜のくくりに入っています。

ということで、じゃがいもは野菜ということで、間違いではありません。

2-2. 食品の分類では、いも類

ところが、ジャガイモを食品として分類するとなると、ジャガイモはイモ類になります。穀物ではなく、穀物に準ずる主食となる農産物になります。

ジャガイモは、野菜類でも穀類でもなく、芋及び粉類に分類されます。

農産物の分類においては、野菜。

食品の分類においては、野菜ではなく、「いもおよび粉類」になります。

 

3. 芋類は野菜じゃない?

「いもおよび粉類」に分類されるじゃがいもですが、そもそも「いもおよび粉類」とはどのようなものを指すのでしょうか?

 

3-1. いも類

いも類は、養分を貯蔵している組織で、塊茎、球茎、塊根のことを差します。

野菜類に分類することもできますが、でん粉・でん粉製品とも呼ばれています。

 

3-2. 野菜よりも糖質がある

野菜と比較して、ジャガイモは糖質を多く含んでいます。

日本ではお米が主食(糖質摂取源)になっていますが、アメリカやドイツなど欧米では、ジャガイモで作られるマッシュポテトを主食とすることがります。

 

3-3. でんぷんとも言われる

ジャガイモは加工されて、でんぷん(片栗粉)になることもあります。

片栗粉は、もともとはカタクリという植物のでんぷんを粉にしたものでした。しかし現在では、片栗粉のほとんどはジャガイモ由来のものです。

 

ジャガイモは、このように色々利用されています。

 

4. まとめ

以上が、ジャガイモは野菜でなく、「いもおよび粉類」という分類に属する所以です。

ただし日本にみならず、世界中の人々にとっては、ジャガイモが野菜に分類されなくとも、野菜群に含んでいい食材であるこのとには間違いありません。そして、さまざまな調理法のなかで、美味しくいただけるものであることに変わりはありません。

 

食育総研

吉村司 吉岡岳彦

 

無料PDF|コミュニケーションガイド~生産者と仲良くなるために最初に読む本~

農業に興味のある方、食育の事業化に興味のある方、海外の食育・食農情報に興味のある方に生産者と仲良くなるための方法を解説していきます。

「知っておくと農家との会話がテンポよく弾む」

そんな知識や話題を、ガイドブックの形にまとめてあります。

農家との交流の際に活用してください。

サンプル

期間限定:無料

吉岡岳彦

投稿者の記事一覧

『食農の知りたい!』では、食育・農業の知識、農業法人の設立から食の最新情報まで勘所を押さえた情報を発信しています。

関連記事

  1. 農業活性化型の食育活動とは
  2. オーガニック野菜でよく見る『有機JAS規格』とは何か?詳しく解説…
  3. 頭が良くなる食、「ブレインフード」。そのすべてを解説!
  4. 日本にも誕生するかも?海外の変わった4つの料理教室
  5. 食べ物に点数をつけると、どんなよいことがあるのか?
  6. 「農家さんとつながりたい! 」農家とつながる7つの方法
  7. 「オーガニック」と「ナチュラル」「無農薬野菜」「有機栽培」の違い…
  8. 新しい旅を求めて|フードツーリズムとは何か?

最近の投稿

PAGE TOP