食育

「株式会社 食育」に就職した若者の顛末

「食育をする」というと、どんなことをするのか、だいたい想像がつきますね。

しかし、「食育をしごとに、給料をもらう」となると、いったいどんなことをするのでしょうか?

ここでは、そんな世界に飛び込んだ会社員のエピソードを紹介します。


ある日のこと。

就職活動中の若者が、こんな求人広告を見つけました。

★★★

<株式会社 食育>

気のいい仲間と楽しく食育しませんか。

勤務地:東京

仕事内容:食育

給与:応相談

賞与:あり

昇給:あり

★★★

応募してみたらあっさりと採用されました。

▽ ▽ ▽

「今日から我が社の戦力に加わる松宮君だ。松宮君、簡単に自己紹介を」

「松宮です。趣味は市民農園。彼女いません。よろしくお願いします!」

「パチパチパチパチ(拍手の音)」

「松宮君のデスクはそこだ。期待しているよ、頑張ってくれたまえ」

「はい、頑張ります」

「課長」

「なんだね」

「で、僕は何をすればよろしいのですか」

「食育だよ」

「はあ?」

「わが社は食育をする会社だからね」

「それは分かってますけど…」

「じゃあ早速、食育をしたまえ。そうだな、今日は代々木公園あたりで食育をしてくれるかな。庶務課で必要な資材を出してもらいなさい」

「はあ」

▽ ▽ ▽

「あのう。庶務課はこちらですか」

「そうですよ」

「営業1課の松宮です。今日から社員になりました。さっそく代々木公園あたりで食育をしてこいと言われまして」

「じゃあ、この書類を書いてくれる? 代々木公園だなんて寒いのに大変ね」

「あのー。『使用目的』の欄には何を書けば…」

「何でもいいのよ。ま、『食育』か『営業』って書く人が多いかな」

「じゃあ『食育』って書いときます」

「じゃ、これ持ってって」

「これは?」

「道具カバンよ。行ってらっしゃい」

「カバンのなかには何が入っているんですか?」

「食育の道具に決まってるじゃない」

「へ?」

「でも今は開けちゃだめ。酸化しちゃうから。現場で開けるのよ」

「酸化するんですか?」

「酸化しないのもあるけど、新人さんには酸化するほうを持ってもらうことになっているの。ほら、ぼさっとしてないで、さっさと行きなさい」

▽ ▽ ▽

「松宮君。ちょっと」

「なんでしょう、課長」

「きみねえ。食育の道具を酸化させたそうじゃないか」

「はあ、すみません」

「困るんだよ。道具は貴重品なんだからね。今度やったら給料下げるよ。これだから大学出のボンボンは困る」

「あのー」

「何だね」

「酸化しちゃったんで分からなかったんですが、あれは何だったんですか?」

「食育の道具だよ」

「いや、ですから具体的には何だったんでしょうか?」

「何を寝ぼけたことを言ってるんだ。食育の道具といったら、食育の道具に決まっているじゃないか。他になにがあるんだ。そんなことより今日はちゃんと食育してきてくれよ」

「食育してこいと言われてもですね、課長、具体的に何をしたらいいんですか?」

「あのね。きみはトイレにいったら何をする?」

「それは…用を足します」

「そうだろう。それと同じだよ。食育をするといったら、食育をする以外にないだろう。さ、僕も忙しいんだ。さっさと行ってきてくれ」

▽ ▽ ▽

「松宮君。ちょっと」

「なんでしょう、課長」

「代々木公園できみが子どもたちを集めて紙芝居をしていたというのは本当かね」

「ええ、そうですが」

「何か勘違いをしていないか?」

「は?」

「そんなことをして、会社の売上は上がるのかね?」

「上がりませんが…。しかし食育をしてこいと言われたものですから…」

「あのねえ。これだから大学出のボンボンは困る。いいかね、われわれはボランティアをしているんじゃないんだ。稼いでナンボだろう」

「はあ」

「今日はちゃんと売上を立ててくれよ。給料泥棒と言われたくなかったらな。さあ、行った行った」

▽ ▽ ▽

「松宮君。ちょっと」

「はあ」

「会議室で2人で話をしよう」

「はあ」

「この1ヶ月間、きみの仕事ぶりを見させてもらったがね。きみはあまり食育に向いておらんのじゃないかと思うのだが」

「はあ」

「営業成績もきみが最低だ。こんな社員は初めてだよ」

「しかし、単に食育をしてこいと言われましてもですね…」

「言い訳なんか聞きたくないんだ。きみのおかげで僕も社長からこっぴどく叱られたよ」

「いや、そう言われましても…」

「きみは食育には向いておらんよ。ほかにもっと、きみが活躍できる職場があると思うんだよね」

「く、クビということですか?」

「まあ、そういうことかな。残念だが、われわれも稼げない社員を飼っておくほどの余裕はないんでね」

▽ ▽ ▽

クビになってトボトボと歩く帰り道。

コンビニに立ち寄って転職情報誌を立ち読みしたら、こんな募集が載っていました。

★★★

<株式会社 身土不二>

あなたの力で、日本人の心、「身土不二」を推進しましょう!

勤務地:東京

仕事内容:身土不二

給与:応相談

賞与:あり

昇給:あり

★★★

 

 

食育総研

吉村司 吉岡岳彦

無料PDF|コミュニケーションガイド~生産者と仲良くなるために最初に読む本~

農業に興味のある方、食育の事業化に興味のある方、海外の食育・食農情報に興味のある方に生産者と仲良くなるための方法を解説していきます。

「知っておくと農家との会話がテンポよく弾む」

そんな知識や話題を、ガイドブックの形にまとめてあります。

農家との交流の際に活用してください。

サンプル

期間限定:無料

吉岡岳彦

投稿者の記事一覧

『食農の知りたい!』では、食育・農業の知識、農業法人の設立から食の最新情報まで勘所を押さえた情報を発信しています。

関連記事

  1. 古びたポンコツ食品店が、お洒落なグルメ食品店に勝つ方法
  2. 頭が良くなる食、「ブレインフード」。そのすべてを解説!
  3. 食のトレンドに詳しくなれるイベントはコレ
  4. オーガニック野菜でよく見る『有機JAS規格』とは何か?詳しく解説…
  5. 健康増進型・栄養学型の食育活動とは
  6. 付加価値料理教室型の食育活動とは
  7. 農業活性化型の食育活動とは
  8. 「農家さんとつながりたい! 」農家とつながる7つの方法

最近の投稿

PAGE TOP